セミリタイア日記

48歳でセミリタイアした独身男が暇にまかせて恥も外聞もなく好き放題書いちゃうBLOG

カテゴリ: 地域

以前に蘇我氏の出自がはっきりしていない。
どこかということで伊勢ではないかと書いたが、
蘇我氏は東海的だと思う
 子供につける名前が海洋的である
 馬子が嶋大臣と名乗る
 馬子が書いたとされる先代旧事本紀大成経が志摩市で発見された
 欽明天皇の最初に建てた寺が伊勢の朝熊山であった
 名前がユダヤ的なのと猿田彦の風貌がユダヤ人的な関連
 伊勢神宮のユダヤ的な要素
 伊勢に入った天皇は蘇我の娘しかいない
などから推測していた。

櫛田神社の由緒では、ヤマト姫を案内した大若子という度会氏の祖が国の名前を聞かれて答えたのが百張蘇我国五百枝刺竹田の国だと答えたということを知った。

蘇我氏の祖は武内宿禰であるから、さらにそれより古い時代に蘇我国を名乗っていたことになる。
そこまで古いと本当なのかどうなのかわからないと言えばわからないが
神社の由緒にあるというのは何らかの関係があったとは思われる。

となると、なぜ天皇は伊勢に斎王というあたかも人質のように娘を差し出していたのか?
それは滅ぼした蘇我氏の祟り鎮めということなのだろうか?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

近くの朝熊山に登った。550mくらいの山で距離は登りが2.4kmで下りが5.6kmだったが予想以上につかれた。
最後は疲れて電車に乗って出発地まで帰ってきた。
電車も何年ぶりに乗った感じだ。

自転車で50km走ってても使う筋肉が違うのか山登りにはあまり効果はないみたいだ。
足の付け根とか関節とかが痛くなってくる。
まだ筋肉痛にはなってないが、たぶん明日くらいにはなっているのではないかという感じだ。

でもやっぱり自然の中なので気持ちがいい。気温もちょうどよくて最高だった。
一番いいのはネットから離れられることだろう。
普段は、パソコンにかじりつきだから健康にすごく悪い。

朝熊岳道案内板
DSC_0555
朝熊岳道
DSC_0556

山頂からの景色
DSC_0558
山頂の八大龍王社
DSC_0559
金剛證寺 奥宮楼門
DSC_0560
金剛證寺 奥宮参道
 母の塔婆に参った
DSC_0561
金剛證寺 奥宮
DSC_0562
金剛證寺 本堂
DSC_0563
金剛證寺 智恵寅
DSC_0564
金剛證寺 福丑
 大黒さんが乗っている
DSC_0566
金剛證寺 おちんこ地蔵
 ちんちんを出しているが、よくわからなかった
DSC_0570
朝熊山展望台 足湯からの景色
 足湯は100円だった
 富士山は見えなかった
DSC_0567
朝熊山展望台 志摩方面の景色
DSC_0568
朝熊山展望台 伊勢方面の景色
DSC_0569
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

今日は天気が良かったので久しぶりに山登りでもしようかと思ったのだが、ネットとか見てぐずぐずしていたら昼近くになってしまい、今から行ってももう遅いなあということで、近くの山に自転車で登ってみようと思い立った。
たぶん市の最高峰だと思うが、最高峰といっても300mの山である。

それでも自分としては今まで100mくらいの山しか自転車で登ったことがないので行けるかどうか不安であった。
結構登りがきつくてずっと1速だった。
歩いてる方が速くないだろうかという感じだった。
自転車で何千mもの山に登るやつがいるというのが信じられん。
でもまあなんとか歩かずに山頂の正福寺にたどり着けた。

正福寺 楼門
DSC_0553
正福寺
DSC_0550
正福寺
DSC_0551
正福寺 本堂
DSC_0552
青峯山からの眺め
DSC_0554
全部で40kmくらいの距離だった。獲得標高は600mくらいだった。

これで、高い方の自己記録は更新した。
今度はなんとか距離の方をまた更新したいのであるが、この前の67kmで結構きつかったので平地でやってみたいなあという気がする。
家の近くは平地がないので、車でもっていってとなりの市までいかないといけない。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

昨日は御在所岳のふもとにある蒼滝に行ってみた。
散策路があったので10000歩くらい歩いた。
蒼滝駐車場から行こうと思ったら通行止めで駐車場から山を登ってロープウエイ乗り場に行ってからいかなければならなかった。

蒼滝 案内板
DSC_0536
蒼滝
DSC_0539
蒼滝
DSC_0542
大石公園 大石
 大石内蔵助が江戸に行くときにたびたび立ち寄ったと書いてある
DSC_0543
大石公園 渓谷
DSC_0545
近くの朝明渓谷
 岩が白くてきれいだった
DSC_0547
今回は新しいトレッキングシューズを買ったので試してみた。
前のはトレイルランニングシューズだったので紐をきつめに結んでいたため歩いていると甲が痛くなった。

今回のは甲のところはきつくできないけど足首がホールドされているのでずれなくてしかも痛くならなかった。
全体が固いので安心感があった。

キャラバン C1_02S ブラウン 登山靴・トレッキングシューズ caravan C102S
キャラバン C1_02S ブラウン 登山靴・トレッキングシューズ caravan C102S
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

緊急事態宣言が解除されて県内は移動自由となったので、ネットでどこかないか探していたら
大杉谷渓谷という秘境があるというので行ってきた。
なんでも黒部渓谷や清津峡と並んで三大渓谷だそうである。
三重県にそんなすごいところがあったとは知らなかった。
それで日帰りコースというのを行ってみた。

注意書きによると初心者は禁止だそうである。
なんかすごそうである。
自分は初心者なのだろうか?登山は初心者だなあ
観光地の渓谷はバードウォッチングで結構行ってるから初心者じゃないということにした。

それで行ったんだが、むちゃくちゃ怖かった。
観光地の渓谷とレベルが違ってた。
鎖にしがみつきながら崖を歩く感じで足を滑らしたら死ぬなと思いながら歩いた。
すれ違う時どうするんだろうか???
幸い人が少なくすれ違いの機会はなかったので良かったが

往復約9kmで高低差は300mだが、アップダウンがあるのと岩が滑るのでしゃがむ感じで行くようなときもあり結構疲れた。

でも滝はなかなか良かった。

近くの宮川ダム
DSC_0519
鎖にしがみつきながら歩く崖
DSC_0520
河がきれい
DSC_0521
途中の河原で休憩する
DSC_0523
途中の河原で休憩する
DSC_0524
吊り橋 4か所くらいある
DSC_0525
千尋滝 かなり高いところから落ちてくる
DSC_0529
ニコニコ滝 崖の間から見える
DSC_0531
ニコニコ滝
 非日常的な感覚に浸れる
 ここから折り返した
DSC_0532
ソウシチョウを始めてみた。きれいな鳥がいるなと思ったけどまったく名前が分からず後で調べたらソウシチョウというペットが逃げ出した鳥が野生化したのだと分かった。
こんな奥深い山に住むのかと思った。

歩数が21278歩だった。
いままでで一番多いかもしれない。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ