AbemaTVでセミリタイア村でおなじみの金村さんが出演されたということで見ていたのであるが、その中で結構驚いた発言があった。
それは、コメンテーターの方が、日本社会は大衆を社会に役立つコマとして洗脳している。
その洗脳が強力なので結局セミリタイアに踏み切れないということを言っていたことである。

セミリタイア村では当たり前のように目にする論調であるが、それは社会から離脱した人達だから言えることであって、社会のオピニオンリーダー的存在であるマスコミではなかなか言えない事柄なのかなと思っていた。
マスコミこそその洗脳の急先鋒の一つなわけで、中の人自らそれを暴露するというのはかなりなことに思える。
コメンテーターが暴走しただけなのかもしれないが
でもFIRE自体、労働者の幻想をかなり打ち砕いてきている思想なので、それをマスコミが押してきているというのは興味深いというか

陰謀論ぽいことを考える人はどっちかというと負け組なのかと思っていたが、社会に適応してそうな勝ち組のイメージがある層でもそう考えるんだなあというのは意外だった。
でも最近では結構ディープステートとか日ユ同祖論とか数年前くらいにはちょっと怖くて言えなかったような相当アングラな話が、普通に話されてきているのはなにかあるのだろうか?
ネットの力か?