もし今感じている感情が幸福ならば、あまりあこがれたり目指したりするようなものでないというか、仕事辞めて遊んで暮らしてたらなれるわけで、要は金を持った幼児みたいなもんだよなあ。
建設的でもないし生産性もないというか
やりがいとか貢献とか必要ないんだから

どちらかというと世間の荒波につかれたのか、そうかそれじゃあもうこれからは幸せに暮らしなさいみたいな話なんじゃなかろうか?
昔で言えば世捨てとか出家みたいな
あまりどうどうと人に言うのもはばかられるような
俺幸福ですって言っても、ふーんそれは気楽で結構なことですなあと言われて終わりそうな類の事なんじゃないだろうか?

今感じている感情は幸福とは言わないとなるとまた話は別であるが
じゃあこの感情をなんと表すのかというと、魂の解放か?安寧か?
あまりぴんと来ないというか

セミリタイアブログなんかを見てても皆だいたい同じようなことを幸福と書いているように見える。
というより、セミリタイアブログ以外であまりこの単語を聞かない。
あるとすると新婚さんいらっしゃいを見てる時くらいか?

そうなると、ほぼ幸福≒セミリタイアってことか?
つまりセミリタイア≒世捨てだからして
あながち間違いではないということか?