セミリタイア日記

48歳でセミリタイアした独身男が暇にまかせて恥も外聞もなく好き放題書いちゃうBLOG

2021年03月

PayPay祭りで、モバイルルーターを買って1200円ばかり稼げたと喜んでいたのだが、残高を見たらちょっと前まで565円あったのが204円になっていた。361円消失していた。
期限付きだった。
もうちょっとたまれば地元のラーメン屋で使えると思ってずっと使わずにいた。
結構ショックだ。

PayPayはマネーフォワードに連携してないので、入金はしてない。
通販でたまった分を使うだけであった。
マネーフォワードで見れないので期限などはチェックしてなかった。
他のポイントはいつもチェックしている。

そのラーメン屋はPayPayしか対応してないため、自分的にキャッシュレス生活の弊害となっている店であった。だからPayPayがたまるのを待っていたのだが、あだとなった。
いちいち期限を確認するのも面倒であるし
これからは、その店のキャッシュレス化はあきらめて通販の時にどんどん使うようにしてこうと思う。

医療関係はまだぜんぜんキャッシュレスに対応してないし、サイクリングなどでは自販機で飲料買うし、ロングライド中になにかあった場合現金がないと金で解決できることもできなくなるので、どうしても財布を持ち歩かざるを得ない。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

今日はこの前雨が降ってきて行けなかった道に行った。
結構な峠道で300mくらいの山だった。
そこまではよかったのだが、峠を降りたらむちゃくちゃしんどくなって、平地でも15km/hくらいになってしまうような感じになってきた。
結構暑くて食欲がなく、途中餅1個しか食べてなかった。
エネルギー切れか?最初飛ばしすぎて足が終わったのか?
休んでも回復しないので、予定より近い道で帰ってきた。
コンビニでおにぎり1個は食べたが、回復せず、途中の坂道で登ることができず、歩いて押してきた。
押して歩いたのは初心者のころ以来ではなかろうか。

でも前に一回気持ち悪くなって平地で押して歩いたことがあった。でもその時はすぐに回復したが、今回は回復しなかった。

坂の途中で休憩したり、30分くらい寝ころんでなんとか帰ってきた。
平地区間になると、エネルギーが体に充満したのかようやく普通に走れるようになった。

距離は85kmで獲得標高は1200mくらいだったが、調子が悪いとまったくダメになるということが分かった。結構ショックだった。
これほどになることもあるのかという感じだ。

こうなると平地コースだとしても全然進まないんで全く油断できない。
たぶんやっぱり途中で常に無理してでも何か食べつづけないといけないんだろうと思う。

桜はきれいだった。
途中から景色を楽しむどころでなくなったが
DSC_0650
DSC_0651
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

最大40%くらい還元と書いてあったので、モバイルルーターを買った。8600円くらいだった。
自分の条件だと17%だった。1500円くらいポイントが付く。

同時にイオンモバイルの1Gバイト(約500円/月)も契約しなおした。
グローバルIPがついているやつである。
想定外だったのは初期費用3000円が必要だったことである。
一旦解約しており4か月間解約したので、その間節約できたのは2000円ほどである。
解約しなきゃ1000円安くすんだ。
いつモバイルルーターを買うか予測できなかったから仕方ない。
旅行用のペット見守り用のやつなのでコロナ次第だったから。

これでまた旅行に行けるが、コロナもあるのでいまいち行く気にはならないというのがあるのだが。
イオンモバイルはもうちょっと後にすればよかったような気がしないでもない。

今度のやつはどのくらいもってくれるだろうか?
5年くらいで壊れるように作ってあるのかもしれないが
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

最近はブログやYouTubeばかりになっていたので、あまりよくないと思い久しぶりに図書館で本を借りて読んだ。
「伊勢神道の成立と展開」高橋美由紀著という本である。
高橋みゆきと聞くとバレーボールの巨乳の選手を思い出す。それはどうでもいいとして

通説では伊勢神道は鎌倉時代に外宮祠官の度会氏が仏教や道教を参考にして創作した偽物だということになっている。
当時の仏教的神道である両部神道に対抗するためあるいは内宮との力関係を逆転するため、元寇など外国に対抗するための神国思想の必要性などが理由だとされていた。
著者はそれは違うんじゃないのかということを言っていた。
つまり伝統的におこなわれていた祭司などの精神性を外来思想の用語で説明したものであるという認識である。

伊勢神道の特徴は外宮の豊受大神が宇宙の根源神であるアメノミナカヌシあるいは国常立尊と同一神と主張することである。
日本の神は仏の化身だとする本地垂迹思想に対抗するため根源神をもちだしたと考えられていたが、考えてみれば皇祖神であるアマテラスを差し置きさらに記紀も覆して、食事係の豊受姫を宇宙の根源神であると主張するのであるからただ事では済まないはずである。
しかし実際にはその後の神道の基本思想みたいな位置づけとなり現代も外宮から先に参っている。

新しく書かれたから創作だと考えるのもそれは間違った考えであろう。
新しい知識をもちいて過去の事柄を再構築するということは普通に行われることである。

実際、豊受大神=アメノミナカヌシは伊勢神道が初めて主張したのではないとのことである。
ライバルである両部神道の書物にすでにその記述がある。
したがって平安以前にすでにその認識があったということである。
ではいつからそういうことになっていたのかは著者もわからないようであった。
著者は、アメノミナカヌシがニニギの母神であるタクハタチヂヒメの祖父と考えられていたので外宮を皇祖神を祀る神社にするためにそうしたのではないかと推論していた。

今でこそ、日ユ同祖論が頻繁にメディアで紹介され、籠神社の宮司さんの神道は唯一神であるという論文を飛鳥昭雄さんらが紹介するなど、その認識も広まってきた感があるが(籠神社は外宮の元宮なのでそうなるのかもしれないが、、、)
この本を読んで平安時代にすでにその認識があることが分かった。
ようするに神道は多神教ではなく、超越的なものがすべてに遍在するという道教の思想をもちいて、アメノミナカヌシがすべての事物に遍在すると説明したものである。
アマテラスもその化身である。仏もそうであろう。

唯一神に庇護された神国としての優越意識、行き過ぎると危ないが
やっぱり十支族の末裔なんだろうか?
伊勢神道の成立と展開
高橋 美由紀
ぺりかん社
2010-07T


伊勢神道の成立と展開
伊勢神道の成立と展開
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

自分はなぜか女性の歌が普通に歌えるので不思議に思っているのだが、中学生の時の音楽の授業の出来事で思い出したことがある。

ピアノの音に合わせてあーあーあーあーあーと発声を繰り返していって、どんどん音程を上げていってどこまででるか確認するようなことをやったことがあった。
当然ながら上げていくとどんどんでなくなる人がでるのであるが、自分は出るなあと思っていた。
途中で先生がここまで出た人は手を挙げてくださいみたいなことになって、それで手を上げたらほとんど上げている人がいなくて男は自分だけで、これはまずいと思って嫌な予感がした。
先生は疑ったみたいで、じゃあ歌ってみろといって、あーあーあーあーと一人でやらされた。
これだけでもものすごく恥ずかしいのだが、当時は、ほんとは異性のことが好きなくせにお互い嫌いあうみたいな雰囲気があって、女っぽい声を聴かれたら死ぬほど恥ずかしいんじゃないかという気持ちが沸き起こり、途中で声がかれたふりをした。
先生はほら出ないじゃないの、嘘を言ったらいけません的な感じになって同級生にも笑われて恥をかいたのだが。
それ以上に女っぽい声を聴かれる方を恥と思う年代だった。
あだながおかまになってた可能性もあったと思う。

それ以降歌を歌うということ自体がほとんどなくなり、高音が出ることにはまったく気づかないで月日が経った。
ごくたまにカラオケなどを歌う機会があるとXの曲が歌えるなあとは思っていた。

セミリタイアしたので暇つぶしに一人カラオケをやり始めて、一人なのでどんな恥ずかしい曲でも歌えるものだから女の曲を歌ってみたら、最初あまり声もでなかったのだが、ちょっと歌っていると歌えるようになった。
おかしいなと思って、どんな感じなのか家で録音してみたら子供の声だった。
恐ろしくなって、調子にのって他人の前で歌わなくてほんとによかったと思った。
今でもスナックで女性の曲は2,3回歌った程度である。それもお茶らけた感じで真剣には歌ってない。

ネットでのカラオケが趣味みたいになってるが、ネットなのでほとんど原曲キーしかないが歌える。
ただしハイジのおしえては今でも歌えない。
なるべく子供くささを消すように心がけるようになった。
最近は歌いたい曲がなくなってきて男の歌も歌い始めた。
男のハイトーンの方が女声で歌えないため子供臭くなってしまう。

YouTubeで他にも女の曲が歌える男の人もいるんだが意識的にミックスボイスという歌い方をしているみたいだ。
自分はただ歌っているという認識しかなくてミックスボイスなのか地声なのか裏声なのかすら自分でよくわからない。
特殊な体質なのだろうかと不思議に思っている。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ