セミリタイア日記

48歳でセミリタイアした独身男が暇にまかせて恥も外聞もなく好き放題書いちゃうBLOG

2020年02月

このまま何もせずバックレるつもりじゃないかとヒヤヒヤしたよ。
バンナ相手にノーガード戦法貫くんじゃないかみたいな
やっと対策が動き始めた。
これでちょっとは安心できるかもしれない。

しかし感染研OBが検査止めてる話がホントだとしたら、とんでもないことだよ。
そこもちゃんと対処してもらいたいよ。
勇気あるなあ岡田さん。
英雄になるかもしれない。

まあこれで国民総引きこもりになってきたなあ
おれらは年中引きこもりみたいなものだから影響は少ないけど
ラッキーと言っていいのか悪いのか

この際インフラや医療、安全、食品関係以外みな自宅待機にしたらいいんじゃないだろうか?
こんな時に儲けても仕方ないだろうからなあ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

今イベントでも行こうものなら、日本を滅ぼしたいのか、お上のいう事に従えばかやろうとすごい目で言われそうである。

という事ですなおに引きこもりである。
しかし、凄い事態になった物である。

しかし、引きこもってるとネットもテレビもコロナ一色である。
しかも内容は当然であるが絶望的な物ばかりで、気がめいってくる。

コロナにかかる前に心の病気になりそうである。
外を眺めると平和そのものなんだがなあ
ネットもテレビも見なきゃ、何も変わらない自然がそこにあるだけなんだが
何せウイルスは目に見えないからなあ

だいたい、完全引きこもりもどだい無理な話なので、買い物だけは行くからそれが気分転換ではあるけど
人が触った物に触らないようにしないといけないので結構嫌な気分転換だけど

まあ日本のノーガード戦法でどこまでもつかだな
厳戒態勢の外国が生き残るか?
日本が生き残るか?
日本が滅びたら、どのみち全員アウトだろうからあきらめるしかないけど

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

感染を防ぐためにはなるべく引きこもりたいが、食べ物だけはどうしようもないので、これまで何か所かいってたのを1か所に絞ろうと思う。

そうすれば、感染したときも行動を説明しやすいし

でもスーパーも結構嫌は嫌だけどなあ
籠とか共同だし、食べ物も手に取ってから戻すやつ多いしなあ
レジでのカードのやり取りもあるしな

そんなことまで心配してたら生活自体ができないのであきらめて生活するしかないだろうけどな

イベントには絶対出席しないようにはしないとな。

しかしあれだな。
こりゃもうしばらく何も楽しめないな

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

新型コロナのパンデミックで強制引きこもりしかなくなった。
しかしそんな事をできるのはセミリタイアでもしてないかぎり無理だ。

たまたまなのだろうか?

というよりもともとセミリタイアというのは何が起こっても有利なのかもしれない。
自分の思った行動を自由にとれるという事だから。

しかし、まじでこの状況で電車で出勤しなきゃいけない人とかちょっと地獄に近いな。

しばらくどこも出かける気にならないなこれは
でかけてもとてもじゃないが楽しむ気分にはならなさそうだ。
いつまで続くんだろう?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

まさにそれは常に比較され要求にこたえ続けなければいけない世界というべきか。
会社で困難な要求が次々にやってきて終わることが無い。
一個達成すれば、さらに輪をかけて困難な要求が襲い掛かる。

家に帰れば、どこどこさん家は何を買った。ご近所さんはどこへ旅行に行った。と
常に比較されそれに応え続けないといけない。
監視されて追われ続けてるかのような感覚に陥るのではないか?

それが甲斐性であり生きがいであると言い聞かされて。

一息つける暇もない。
要求は尽きることが無いからだ。

日本人同士なら、談合でもなんでもして過剰な競争を調節するすべもあろうが、今や相手は世界である。
話の通じる相手ではない。やるかやられるか
まさに修羅の世界だ。

ぶっ潰れるか自分から離脱するまで続く。
やがて死んだ目で自分の意見もいわない社員が出来上がる。
案の定リストラの嵐に見舞われる。
行くも戻るもできないような状況で、、、

まさにハイソが社畜を量産してきたのではないか?
俺はハイソになれる適性を完全に欠いていたから助かったようなものの、一歩間違ったらたぶん確実に同じようになってた。
想像するだけで寒気がする。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ