セミリタイア日記

48歳でセミリタイアした独身男が暇にまかせて恥も外聞もなく好き放題書いちゃうBLOG

2019年04月

いよいよ今日で平成が終わりだ。
自分にとってこの30年はほぼ仕事人生だった。平成の始まりと共に就職し、最後持ちこたえられず戦線離脱となったが

思い返せば早い段階から挫折しつづける30年だったというか
自分に対する幻想が次々崩壊していく時世だったというか
まるで日本に同調するかのような?

過度に良い自分像を勝手に描きながら、現実は当然のごとく器がなきゃそうならないわけで、ギャップに苦しむことになる。

しかし、今セミリタイアして幸福だということは、かえってそれが良かったのかなあ

下手に途中までうまく行っていたら、自分の性格からして調子に乗って後にも前にも進めないような状況になってから破滅してたかもしれない。
この時世でそうなってたら結構きついことになってたかもしれんなあ
早い段階で挫折して良かったのかもしれない。

そういう事にしておこう。

しかしセミリタイアという結末はまったく予想できなかったなあ、、、
そしてそれが幸福だったということも
自分に合う道を無意識的に選択していたのだろうか、、、

令和はどんな時世になるだろう
日本もよくなればいいけどな

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

昔は一人で旅行しても楽しくないと思い込んでいた。
実際旅行している人をみてもだいたい複数人で旅行しているように見える。

私は、若いころ友人と一緒に旅行に行ってもそんなに楽しくなかった。
だから一人で行っても楽しくないのではないかと思っていた。

しかし、セミリタイアして友達もいなければ一人で旅行するしかない。
それで旅行してみたところ、最初はたしかにそれほどでもなかったかもしれない。

ただ、どんどん楽しくなってくることに気づいた。
要するに、自分のペースと言うのが大事なんじゃないかと思った。
最初は、それまでの慣習が抜けずにちょっとでも効率よくとか時間を大切にしなければと焦ってイライラすることもあった。
ただ、次第に自分のペースが維持できるようになってくる。
心に余裕が生まれてくる。

そして車中泊である。行動の制約を全く受けない。疲れたらいつでも寝れるし予定変更も自由である。
面白い物を見つけたらその場で立ち寄ることができる。
飽きたら途中で切り上げて家に帰ってしまう事もある。

これは一人だから許されるのであって、誰かいたら確実に喧嘩になっているように思う。
旅先でネットし始めたら怒るであろう。
腹が減るタイミングや体力も違うだろうし、興味の対象も違う。
体調が悪くても我慢しないといけないかもしれない。

コミュニケーションを楽しむタイプなら楽しいと思うが、自分は違う。
むしろ一人でないと旅行は楽しめない事が分かった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

先日旅行に行ったが、その時初めてスマフォでデザリングしてパソコンをした。
今まではモバイルルーターを持って行ってたのだが、家でペットの監視でネットワークカメラを使いたかったためモバイルルーターを家に置いておく必要があった。

旅先でデザリングをやってみると、なんと2日目にして4G以上も使っていた。
楽天モバイルの3Gプランなので、先月の引き継ぎと合わせて6G弱しかない。
これでは後1日持つか持たないかである。
モバイルルーターの時は、動画でも見ないかぎり1日1Gを超えることは珍しかった。

ただ、なぜそんなにデータを消費するのか不思議だった。
インターネットとLANとで2倍になるのだろうかとかいろいろ考えた。

でも、解せなかったので設定をいろいろ確認したところ、パソコンの従量制課金接続がoffになっていた。
これは、つなげるルーターごとにいちいち設定しないといけない。
アラートかなにか出してくれないものだろうか?

それとスマフォのデータセーバーというのもoffになっていた。
しかしこれをonにするとデザリングはできないのでoffのままにするしかなかった。したがってデザリングしない時はいちいちonにすることにした。

そうすると、残り2日間で1.1Gで済んだ。
そんな設定があることなどすっかり忘れていた。
もうちょっとで楽天モバイルのデータを追加するところだった。
危なかった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

朝の9時から大台ケ原に行った。地図が100円だった。
麓では晴れてたのについたら曇りだった。
しかたなく小雨混じりの曇りの中登山した。雲のなかで風景は何も見えなかった。
さすがに日本一雨の多い山だけある。
ゴジュウカラを初めて見た。

帰りの登山道は下りと登りの標高差200mで急だったので結構きつかった。
登山道を斜めジグザグに歩く術を使わなければならなかった。
ほとんどだれもいなかったが夫婦で歩いている人がいた。
こんなハードな道をよく夫婦で歩けるなあと感心した。

大台ケ原 登山口
DSC_0068
大台ケ原 日出ヶ岳展望台
 標高1695mだそうである
DSC_0069
大台ケ原 神武天皇像
 記紀では神武東征は熊野から吉野のルートが候補になっているが、こんな急峻なルートの途中でこんな高い山によるとは思えない。兵士が死ぬと思う。
 普通に考えて錦から宇陀のルートだと思う。
 八咫烏もこんな急峻なルートを案内したら鬼だと思う。
DSC_0070
大台ケ原 大蛇嵓
 下が見えてたら震えてたんじゃないかと思う
DSC_0071
大台ケ原 シオカラ谷つり橋
 この前後のルートが急できつかった
DSC_0072
次に丹生津比売神社に行こうと思い和歌山に向かった。
途中に大迫ダムがあった。

大迫ダム
DSC_0073
大迫ダム 展望
DSC_0074
次に蜻蛉の滝に行った。
この前吉野に来た時は見逃していかなかった。
結構立派な滝だった。

蜻蛉の滝 入口
 しだれ桜がきれいだった
DSC_0080
蜻蛉の滝 案内板
DSC_0077
蜻蛉の滝
DSC_0078
蜻蛉の滝のすぐ横の滝
DSC_0079
次に丹生津比売神社に行った。
思ったより山の中にあった。
結構疲れが来ていて参拝にも力が入らなかった。

丹生津比売神社 鳥居
DSC_0085
丹生津比売神社 拝殿
DSC_0083
くたくたになりながら、西吉野桜温泉に行った。写真を撮り忘れた。
入浴料は800円だった。
何が良かったかと言うと、家族でやっているようなこじんまりしたスーパー銭湯の温泉だが食堂も休憩所もあり、ほぼお客さんがいないのでゆっくりくつろげた。
ビーフカレーを食べた。700円だった。

その後近くの道の駅大塔で車中泊した。
夜中にバイクで来たドキュンが騒いでうるさくて目が覚めた。
その後となりにたぶんキャンピングカー仕様のでかいワンボックスが止まって信じられない事にエンジンかけっぱなしで車中泊していた。
俺も人から蔑まれるような身の上だが、なんぼリア充かしらんが、こいつらみたいにはならんぞと思った。

どうしても寝れないので夜中の3時に家に向かった。
途中山の中で対向車線もない道が恐かった。
ナビも真夜中だけは街中のルートにしてくれないかと思った。まあ昼だったらグッジョブなのかもしれないんで無理言うなと言われそうだが、、、

家に帰る道で、この前場所が分からなかった松阪の粥見井尻遺跡を見た。

粥見井尻遺跡
 12000年前から弥生時代と同じような家に住んでたというのが驚きである
DSC_0087
粥見井尻遺跡 説明板
DSC_0090
粥見井尻遺跡 土偶の説明
DSC_0088
粥見井尻遺跡 日本最古の土偶
 何を思ってこんなエロい物を作ったのだろう?
DSC_0092

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

熊野は何回か行っているが、まだ行ってなくて気になっていたところに行った。
瀞峡に行く途中に七色ダムがあった。

七色ダム
DSC_0040
七色ダム 湖側
DSC_0042
七色ダム 下流側
 岩がごつごつしていて絶景だった
DSC_0043
瀞峡に行く途中に良い景色があった。

上瀞
DSC_0045
瀞峡
 駐車場から見たとこ
DSC_0046
瀞峡 下から見た所
DSC_0049
瀞峡 中くらいから見た
DSC_0051
次に丸山千枚田に行った。

丸山千枚田
 右端に巨石がある
DSC_0053
丸山千枚田 上の展望台から
 絶景だった
 こんなところによく田んぼを作れたなと思った
DSC_0055
次に波田須の徐福の宮に行った。

徐福の宮
 ここから秦の半両銭が出土したそうである
DSC_0056
徐福の宮 案内板
DSC_0057
徐福の墓
DSC_0058
左中央の樹が徐福の宮
 すごい傾斜地にあった
 ほんとにこんなところに徐福が上陸したのだろうか?
 奥は熊野灘
DSC_0059
次に近くに新鹿海水浴場があった。
この辺の海は砂利なのかと思いこんでいたが、きれいな砂浜だった。

新鹿海水浴場 尾鷲側
DSC_0060
新鹿海水浴場 熊野側
DSC_0061
道の駅に向かう途中に池原ダムがあった。

池原ダム
DSC_0062
池原ダム
 水が枯れていた
 上流はもっと枯れていた
 こんなに枯れたダムは初めて見た
DSC_0064
大台ヶ原に向かっている途中で眠くなったので途中に車を止めて寝た。
もう登山は間に合わないと思ったので時間は早いが道の駅に行った。

道の駅吉野路上北山
BlogPaint
道の駅吉野路上北山
 八重桜
 川べりを散策したら遊歩道があったので登ってみた。
 整備されておらず案内板もないので途中で迷いそうになって引き返してきた
 高さにして2,3百mは登山した感じだった。
DSC_0066
上北山温泉
 道の駅のすぐ前にある
 入浴料は500円だった
 ぬるっとしていい湯だった
DSC_0067

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ