セミリタイア日記

48歳でセミリタイアした独身男が暇にまかせて恥も外聞もなく好き放題書いちゃうBLOG

2018年10月

SNSでは日に何人もいいねをしたり
友人や知人と月に何度も飲みに行ったり楽しいひと時を過ごさないといけないんでしょ
気の利いた話やジョークを連発し

恋人や家族は喜ばせてあげて、イクメンとかもして、お客さんがきたら最高のもてなしをして

仕事ではリーダーシップを発揮し仲間を励まし

地域のイベントでは役をよろこんで引き受け

そんなことしてたら確実に病気になるよ
完全に何かを恐れてるような
何か見えない敵と戦っているような

俺はやろうと思ってもそんな能力ないけど
でもうらやましいと言うよりかわいそうと思えてきてしまう。

普通の生活をストレスなしに出来ることが、一番の充実なんだと思うが、、、
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

近い将来は、政府が維持管理するAIの指示の元最大週3日人間が働く。
そうすると月8万円もらえる。
それで最低限生きることができる。

儲けることを目的としないので、生活必需品や安全保障の生産やサービスがちょうど間に合うだけの指示しかしない。
AIは賢いし変な感情移入をしないので、適正に応じてその人に合う仕事を冷静に指示する。ハンデのある人でもうまく働けるような仕事を指示する。
労働が税金がわりなので、他に収入を得なければ税金は免除される。

贅沢したい人は、週4日の休みを使って自分のやりたい事業をやってもいいし企業で働いてもいい。
AIの指示に不服な人は企業でフルで働くこともできるし、働かないでも生きていける人は働かないでもいい。
ただし、この人たちは税金を払わないといけない。

首になったらまたAIの指示の元に働くことができる。

これでいけないだろうか?
うまく人を割り当てれば労働力不足も解消できるかもしれない。
AIならできるかもしれない。
ほぼ今のセミリタイアと同じような理想的な感じの労働を実現できないだろうか?

結局共産主義的と言われて否定されてしまうのだろうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

どうしても人は他人から好かれたい、尊敬されたいと思い、それが幸せの条件だと感じていると思う。
しかし今感じることはそれは180度間違っていたという事だ。

それは他人に合わせる行為だからだ。
尊敬されるには自分を捨てて何かに施したり奉仕するか、普通の人には難しいと思えることを成し遂げるかしないとまず無理である。
従って、その願望がかなえられる可能性は極めて低い。
つまり不満を持つことになるのである。

しかし、ほとんどの人は憑りつかれたようにそれに向かって邁進しているように思う。
立派になりたい、すこしでも上を目指したい。他に優越したいと
ほとんど涙ぐましい努力によって不幸になろうとしているように思える。

幸せとは素のままでストレスなしで生きられることではないだろうか?
必死感が出ている状態で本当に人に好かれたり感謝されることは難しい。
ほとんどサイコパス的能力が求められるのではないだろうか?

つまり皆が幸せへの道と思っている事は不幸の道であるという結論に達した。
幸せになりたいのなら好かれよう尊敬されようとすることを止めればいいのである。
アピールを止めたらいいのではないか?
生きることがずいぶんと楽になるのではないだろうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

猫がケージに入るのを嫌がってなかなか入れれないので、キャリーケースに入れた。
狭いのだが意外とすんなり入りおとなしかった。
以降、運転中はキャリーケースに入れることとなった。
ケージは結局使わない事になりそうである。
猫的にはやはり車移動は嫌そうなので今度旅行に行くときはペットホテルを考えないといけないと思った。

道の駅からすぐに丹生川上神社の下社があったので立ち寄った。
拝殿が工事中だった。
祭神は闇龗神 (くらおかみのかみ)である。
前の川が丹生川なのでもともとここが丹生川上神社だとおもわれていたが、文献に書いてある周辺の山や滝の状況が合わないという事で、上社と中社があらたに候補となり、現在は3社が丹生川上神社となっている。

丹生川上神社下社 鳥居
DSC_6742
丹生川上神社下社 由緒書き
DSC_6743
丹生川上神社下社 男女の性器が交わっているという石
 子孫繁栄のご利益であろう
 どこが交わっているのかよくわからなかった
DSC_6745
丹生川上神社下社 拝殿
DSC_6746
次に飛鳥に行った。
飛鳥坐神社に行った。
祭神は八重事代主である。

飛鳥坐神社 鳥居
DSC_6747
飛鳥坐神社 由緒書
DSC_6748
拝殿の写真が撮れてなかった。

道路工事中だったので歩いて飛鳥寺に行った。
拝観料は350円だった。
お坊さんが飛鳥大仏の説明をしてくれた。

飛鳥寺
BlogPaint
飛鳥寺 由緒書
DSC_6750
飛鳥寺 中庭
DSC_6751
飛鳥寺 庭
DSC_6753
200mくらい行ったところに蘇我入鹿の首塚があった。

蘇我入鹿首塚
DSC_6754
次に岡寺に行った。
寺の駐車場だと間違えて500円の有料駐車場に入った。もっと近いところに寺の無料駐車場があったのでだまされた気になった。
拝観料は400円だった。
天智天皇の時代の創健という事である。

岡寺 仁王門
DSC_6755
岡寺 庭
DSC_6756
岡寺 本殿
DSC_6757
岡寺 開山堂
DSC_6758
岡寺 奥の院石窟
DSC_6759
岡寺 三重塔
DSC_6760
500mくらいのところに石舞台古墳があったので歩いて行った。
拝観料は250円だった。

石舞台古墳
 蘇我馬子の墓との事である
 方墳は蘇我氏の墓に割り当てられるそうである
 蘇我氏はやはり物部系に近いのかもしれない
DSC_6761
石舞台古墳
DSC_6762
石舞台古墳 石室
DSC_6763
石舞台古墳 案内書
 馬子の墓と書いてある
DSC_6764
次に高松塚古墳に行った。

飛鳥歴史公園資料館
 無料だった
DSC_6765
飛鳥歴史公園資料館
 飛鳥地区の模型があった
DSC_6766
高松塚古墳壁画館
 入館料は250円だった
 藤原京時代の物で被葬者は不明とのことである
DSC_6767
次に長谷寺に行った。
駐車場が500円、拝観料が500円だった。
天武天皇の時代の創健という事である。今回は天武天皇に関係する場所が多かった。
すごく立派な寺だった。

長谷寺 仁王門
DSC_6768
長谷寺 宗宝蔵
 結構宝物が多かった
DSC_6777
長谷寺 本堂
DSC_6769
長谷寺 本堂からの眺め
DSC_6770
長谷寺 弘法大師御影堂
DSC_6771
長谷寺 一切経蔵
DSC_6772
長谷寺 五重塔
DSC_6773
長谷寺 開山堂
DSC_6775
長谷寺 本坊
DSC_6776
この後家に帰った。

今回の旅行で3950円使った(食費は含まない)。ガソリンは入れなかった。
次の日足が筋肉痛になってしまいマッサージに行ってしまった。40分で2500円くらいだった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

朝から曇りで雨がぱらついていた。
しばらく車内でグダグダしていると明るくなってきたので吉野町に行った。

最初宮滝遺跡というのに行ってみたが駐車場が分からず道から川の写真を撮った。
吉野歴史資料館というのがあったが平日は閉まっているようであった。

宮滝遺跡の近くの川
 岩がすごくて水がきれいだった
DSC_6723
宮滝遺跡の近くの川
DSC_6724
その後吉野町に行って吉野神宮に行った。
初めて来たと思っていたのだが、前に一回見た景色だった。たぶん若い時に一回来ていると思う。
南朝の後醍醐天皇を祀っている。

吉野神宮
DSC_6725
吉野神宮 鳥居
DSC_6726
その後金峯山寺に行った。
立派な寺だった。駐車場が分からなかったので前の公民館みたいな所に止めてもいいか聞いたらいいと言うので止めさせてもらった。
拝観料は無料だった。

金峯山寺
 役小角が創建したそうである
DSC_6727
金峯山寺 本堂
DSC_6728
次に吉野水分神社に行った。
かなり細い道ですれ違いに苦労した。

吉野水分神社
 祭神は天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)である
 天武天皇の時代の創健だという事である
DSC_6729
吉野水分神社
 四角形の回廊の建物だった
DSC_6730
次に金峯神社に行った。
山奥にあった。

金峯神社 鳥居
DSC_6731
金峯神社 由緒書
 祭神は金山彦命である
DSC_6732
金峯神社 義経の隠れ塔
DSC_6733
金峯神社からの眺め 
 曇りだが絶景だった
DSC_6734
帰り道に高城山があったので登ってみた。駐車場から50mくらい登る。

高城山からの眺め
 吉野町が見えた。紅葉がきれいだった
DSC_6735
次に龍泉寺に行った
途中細い山道ですれ違い時にバックで50mくらい下がったひやひやだった。
拝観料は無料だった。

龍泉寺
 本尊は弥勒菩薩だそうである
DSC_6736
龍泉寺 本堂
DSC_6737
近くのみたらい渓谷に行った。
遊歩道を1kmくらい歩いて行ったら車道に出たが元の駐車場に戻るのに車道を5kmくらい歩いた。
むちゃくちゃ運動になった。

みたらい渓谷
DSC_6738
みたらい渓谷
 岩が白っぽくて水も青くてむちゃくちゃきれいだった
DSC_6739
その後黒滝の湯に行って道の駅吉野路黒滝で車中泊した。
黒滝の湯は600円だった。

道の駅吉野路黒滝
 ヤマザキショップが夜8時までやっているので飯を買って食べた
 この日は運動もしたせいかぐっすり寝れた
DSC_6741

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ