セミリタイア日記

48歳でセミリタイアした独身男が暇にまかせて恥も外聞もなく好き放題書いちゃうBLOG

2017年01月

寒いながらも今月はいつもと比べてましな健康状態だった。
薬を飲んだ量も少なめだった。
kusuri170131
ただし風邪気味で腹の状態がちょっと悪い日があった。
それと全体的に昼間むちゃくちゃ眠かった。
その代わり夜が遅くなってしまい生活のリズムがなかなか取れない。なぜだろう?不思議だ。
あと五十肩になったかと思ったが、治ってしまった。どうも違ったみたいだ。

今日は鼻炎がひどい。
くしゃみと鼻水が止まらない。
風邪を引いたのかあるいはただの鼻炎なのかよくわからい。とりあえず鼻炎薬だけ飲んで様子見しているが今のところあまり効果がない。
ここ数日気温の変化が大きかったので風邪を引いたかもしれない。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

内宮の配祭神は意外な女神だった。
それは万幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)である。別名は栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)である。
機織り姫だそうである。
もう一柱の配祭神は天手力男神であり、これはまあわかる。

なぜこんなマイナーな神様なのだろうと調べたら、

 高皇産霊神(高木神)の娘で思兼命の妹で、さらに天忍穂耳命と結婚し、天火明命と瓊瓊杵尊を産んだ。by Wikipedia

というすごい神様だった。
しかし、すごい事はたしかなのだが上に書いた他のそうそうたる神にした方がネームバリューがあるのに。

思うに、この神様は地元を表す神なのじゃないかという気がする。
皇大神宮系以外であまり祭られていないことからしても地域に関わる神なのではないだろうか?
そうなると、名前の豊秋津と大倭豊秋津洲の関係は何かあるのかもしれない。
豊秋津が伊勢志摩を表す名称と考えてもあながちトンでも説というわけでもないのではと思えてくる。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

天の香具山は三重と奈良の間にある国見山ではないかという記事を書いた。
天の香具山とは国見山ではないか?

神武記には東征の時天の香具山で赤土を取って平瓦・厳瓮・手抉を作り、丹生の川上に登って天神地祗を祭ったという記述があるらしい。
という事は、香具山はもともと神武が宇陀に入るまでのどこかにある山だと思う。
赤土ということでそれを水銀が混ざった土だとすると、水銀が取れる山とすると松阪の山奥にある丹生が有名である。
そして赤土を川に流して魚が浮いてきたら戦に勝てると占ったという。

そうすると国見山はまあまあ近いのであながち間違いではないのではと思われる。
つまり香具山は高山とも書くので一つの山を指すのではなく、各地で高くてきれいで目立った山を指すのかもしれない。

そうすると蜻蛉島も志摩のことかもしれないなあ。
たしかに大和からみて伊勢志摩は日の登るところ日本(日の元)にあたるし。秋分の日に国見山からみて伊勢志摩から太陽が昇る。
とすると美味し国大日本豊秋津洲はもともと伊勢志摩をさしてたんじゃないかな?
それが後で日本全体をさすようになった??
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

仕事辞めて罪悪感にずっとさいなまれてた。
お前なんかが楽しく過ごしたりする資格はないんだ、自重しろと心の自分がささやきかけてくる。

しかし、そんなことで思い悩むのは人間だけだろうな。
いや人間も本能で生きていればうまく行っていた時代が長かっただろう。
いつから狂い始めたのか?
何か変な知識を植え込まれているのだろうな。
洗脳か?

しかしあまりにも洗脳きいてるなあ。むちゃくちゃきつい洗脳だ。
しかし虫とか動物は生きてるだけで生態系に役に立ってると言えるけど、人間って役に立ってるのだろうか?
役に立ってないとなると本能だけで生きてるだけだと存在意義がなくなるなあ。
滅びた方がいいのかもしれない。
その方が地球のためにいいかもしれないなあ、、、
うーん。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

万葉集に舒明天皇が天の香具山に登って詠んだ歌がある。

 大和には 群山あれど
 とりよろふ 天の香具山 登り立ち
 国見をすれば 国原は 煙立ち立つ
 海原は 鴎立ち立つ うまし国ぞ
 蜻蛉島 大和の国は

この歌で、うまし国の蜻蛉島(あきつしま)であるが、蜻蛉が交尾をしている姿のような島という意味らしい。
神武天皇が言ったとされるが、これとピッタリな地形が志摩半島だ。
志摩半島はまさしく蜻蛉が交尾をするときのように折れ曲がった形だ。
問題は神武天皇はどこから見てそう思ったかだ。
志摩半島の全貌が見える横山から見てみたけど近すぎて蜻蛉が交尾しているようには見えなかった。
相当な上空からみるか、あるいは地図でないと無理だ。
当時でも簡単な地図くらいはあったのかもしれない。

志摩半島の内海である英虞湾は万葉集でたびたびでてきて、持統天皇が行幸したときに仮宮があったということからおそらくその当時天皇がよく訪れる地だったのではないだろうか?

そして、英虞湾から見て数々ある山の中で一番きれいな三角形に見える山が国見山高山だ。
謝罪 私が国見山と思っていた山は高山だった
国見山は奈良県と三重県の間にあって東南に海原が見える。
そこから見て読んだ歌のように思える。
ただし志摩半島が見えることは確実だが、大和の町並みが見えるかどうかかなり怪しい。

登茂山から見た国見山高山(中央の三角形山)
6cd647bd.g
説明書きをみるとどの山か分かる
DSC_5215
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ