お前のためだとか会社のためだとかいう人に限って、自分を楽にするためにお前が犠牲になれと言っているに過ぎないと思う。
そんなことを考えている人が部下や後輩に向かって言うとは思えない。
普通そう思うのなら、そのアイデアを考えて上に具申するはずだからだ。
知らない所でしているのかもしれないが、ほとんどの場合なにかアイデアを具申したというような話も聞かない。

部下に会社のためなどと言う人は自分の仕事を放棄して部下に負わせようとしている。
会社のための方策を考えるのは本来上司だからだ。
そして部下にはその権限も義務もない。

会社に限らずあなたのためだ、だれそれのためだといって面倒を押し付けてくる人がいる。
でもその時は本当にそう思っているのかもしれない、善意でやってくれているのかもしれないと思ってしまう。
それで断ったら人として最低人間なんじゃないかみたいな感覚に陥る。

しかし、どうもよくよく考えてみると面倒を押し付けられていただけの可能性もある。
こればかりは相手の気持ちが分からないから検証のしようがないが

でもこのようなケースは会社にいれば本当に日常茶飯事としてある。
本当に厄介だと思う。
断るに断れない言い方である。
あなたのためならまだ断れるが、だれそれのためだとなるとちょっと断りづらい。

そのような発言が頻繁にあるのは、会社の在り方の問題なのか、個人の資質に何らかの欠陥があるのか?